DWG FastView forPCでこの方法で点線を描画します

点線を引く必要があるとき

CAD描画を行うときは、点線をよく使用します。たとえば、3つのビューを描画するときは、点線を使用する必要があります。また、ウィンドウを描画するときに点線を使用する必要があります。いくつかの区別をするときは、点線を使用する必要があります。

破線は非常に用途が広いので、CADで破線を正しく描画するにはどうすればよいですか?今日は、DWG FastView forWindowsを使用して破線をすばやく描画する方法を説明します。

DWG FastView forWindowsで点線を描画する手順

まず、レイヤーを作成します。DWGFastViewfor Windowsを開き、編集モードの共通メニューバーで[レイヤーマネージャー]をクリックして、表示される[レイヤープロパティマネージャー]の[新しいレイヤー]コマンドをクリックします。

次に、線種を選択します。新しいレイヤーに「点線」という名前を付け、レイヤーの後ろの「線種」の位置をクリックして、表示される「線種の選択」ダイアログボックスで対応する線種を選択します。注:ロードされた線種に必要な線種がない場合は、ダイアログボックスの下部にある[ロード]ボタンをクリックして、多くの線が含まれている[線種のロードまたは再読み込み]ダイアログボックスに入ることができます。タイプを選択し、[OK]をクリックすると、[ロードされたラインタイプ]にラインタイプが表示されます。ラインタイプをクリックして確認します。

3番目に、現在のレイヤーをロックします。線種を選択した後、下の図に示すように、レイヤーの状態をダブルクリックして現在のレイヤーとして設定することを忘れないでください。状態は√として表示されます。

第4に、点線を描画します。[編集]メニューバーに入り、[線]コマンドをクリックしてインターフェイスに直線を描画します。このときに表示される線の種類は点線です。

練習は完璧を作る。

これらは点線を引くためのステップです。親愛なるユーザーはそれを練習することを忘れないでください。

 

 

???????

?????????????????????? ? ??????????????