DWGFastView-表示モード

CAD図面を開くと、2つの開くモードが表示されます。1つは表示モードで、もう1つは表示モードです。 編集モード.

ビューモードについては、次のことを知っておくとよいでしょう。

完全な図面:完全な図面を表示します。

フルビュー:フルスクリーンで表示します。

詳細:タップすると、編集モードへの切り替え、ファイル情報、エクスポート、ヘルプ、履歴、注釈の非表示、注釈の非表示、設定などの詳細情報が表示されます。

クイックコマンド:最近使用したコマンドを表示します。コマンドアイコンをタップすると、すぐに起動できます。デフォルトではクイックコマンドが表示されますが、設定で変更することで非表示にすることができます。

注釈:スケッチ、矢印、テキスト、Revcloud、記録、画像、リーダー、線、長方形、楕円を含みます。表示モードでは、注釈の作成と編集に使用でき、編集モードでは、注釈の表示にのみ使用できます。

レイヤー:レイヤーリスト、レイヤーオフ、オフ他のレイヤー、レイヤー前、すべてのレイヤーをオンにするなど、すべてのレイヤーコマンドを表示します。

測定:距離、面積、IDポイント、弧長、エンティティ、角度、スケール、および結果を含みます。

ツールボックス:検索、カウントブロック、ブックマーク機能を提供します。検索機能は、指定されたテキストを検索して検索するために使用されます。ブロックカウント機能は、指定されたブロックの数をカウントするために使用されます。

レイアウト:モデル空間とレイアウト空間を自由に切り替えることができます。

視覚スタイル:2Dおよび3Dの視覚スタイルを提供します。

OK、それはビューモードについてですそして次の投稿は私達が話します 編集モード.

これを共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + 16 =