DWG FastView製図コマンド:ポリライン、線、円、円弧、長方形

今日、「DWG FastView製図コマンド」と呼ばれる新しい章の説明を開始します。この投稿には、ポリライン、ライン、サークル、アーク、および長方形があります。

ポリライン

操作:

  1. 「描画」ボタンをクリックし、「ポリライン」コマンドを選択します。
  2. 作図領域をドラッグまたはクリックして、線の最初の点を指定します。指を離すと、ポイントが達成されます。
  3. ポリラインの最初のポイントを調整するか、次のポイントを指定します。コマンドプロンプトの後ろにある「Arc」キーワードをタップすると、円弧セグメントを描画できます。
  4. 手順3を繰り返します。現在のポイントを調整するか、次のポイントを指定します。ポリライン上に2つのポイントがある場合、または3つ以上ある場合は、「閉じる」キーワードが自動的に追加されます。 「閉じる」キーワードをタップすると、現在のポリラインを閉じてこのコマンドを終了できます。 「元に戻す」キーワードをタップして、最後の操作をキャンセルすることもできます。
  5. 現在のポイントを調整するか、「✓」をタップして確定します。

ライン

操作:

  1. 「描画」ボタンをクリックし、「線」コマンドを選択します。
  2. 作図領域をドラッグまたはクリックして、線の最初の点を指定します。指を離すと、ポイントが達成されます。
  3. 最初の点を調整するか、作図領域をクリックして、線の2番目の端点を取得します。
  4. 2点目を調整するか、「✓」をタップして確定します。

サークル

操作:

  1. 「描画」ボタンをクリックし、「円」コマンドを選択します。
  2. 作図領域をドラッグまたはクリックして、円の中心を指定します。
  3. 中心を調整するか、別の点をクリックして、作図領域の円の半径を指定します。
  4. 半径を調整するか、「✓」をタップして確定します。

アーク

操作:

  1. 「描画」ボタンをクリックし、「アーク」コマンドを選択します。
  2. 作図領域をドラッグまたはクリックして、円弧の始点を指定します。
  3. 円弧の始点を調整するか、作図領域の2番目の点をクリックして円弧の終点を指定します。
  4. 端点を調整するか、円弧上の1点を指定します。
  5. 現在のポイントを調整するか、「✓」をタップして確定します。

矩形

操作:

  1. 「描画」ボタンをクリックし、「長方形」コマンドを選択します。
  2. クリックまたはドラッグして、長方形の最初のコーナーポイントを指定します。
  3. クリックまたはドラッグして、反対側のコーナーポイントを指定する現在のポイントを調整します。
  4. 現在のポイントを調整するか、「✓」をタップして確定します。

さて、これらは今日紹介された製図コマンドであり、明日は次のパートがあります。

これを共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2×4 =