DWG FastView Windowsバージョンで円弧を描く方法は?

DWG FastView for Windowsで提供される描画機能は、直線、ポリライン、円、長方形、およびさまざまなCADグラフィックを描画できるその他の描画ツールです。今日は、図面を示します。角度が60度、半径が10、弦の方向が水平の円弧です。

DWG FastViewで図面を開き、インターフェイスの左上隅にある[表示モード]を[編集モード]に切り替えます。 [編集モード]の下の[編集]メニューバーを選択し、[ポリライン]コマンドをクリックして、インターフェース上の円弧の始点を指定します。

インターフェイスのダイアログボックスのプロンプトに従って、最初にAを入力してアーク機能を使用します。次に、Aを入力して円弧角度設定を使用します。円弧角度を入力します:60。

円弧の角度が決定されます。円弧の半径を決定しましょう。入力:R、円弧半径設定を入力します。円弧の半径を10として入力します。

最後に、円弧の弦の方向を指定します。入力:0、円弧の弦の方向は水平です。次に:入力します。このようにして、角度は60°、半径は10で、弦方向が水平の円弧が描画されます。

これを共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

五 − 3 =