DWGFastView補助ディスプレイ

ポイントマーカー

現在のポイントの位置を示します。タップまたはドラッグしてポイントを指定すると、指を離すとポイントマーカーが表示されます。
ポイントマーカーをドラッグして、その位置を調整できます。

座標マーカー

座標マーカーをタップすると、現在のポイントのX値とY値が表示されます。それらを変更して、ポイントの位置を調整することもできます。
[設定]で、「キーパッド」がオフのときは座標マーカーが非表示になります。

拡大鏡

図面を編集するときは、図面領域をタッチ(0.5秒以上)することで拡大鏡を開くことができます。拡大鏡は、タッチされた領域の拡大グラフを表示できます。これは、ユーザーが詳細を表示してオブジェクトをスナップするための便利な方法です。
[設定]で、「キーパッド」がオフのときは座標マーカーが非表示になります。
拡大鏡の位置は[設定]で設定できます。
左:拡大鏡が左側に表示されます。
右:拡大鏡が右側に表示されます。
フォロー:拡大鏡は指の動きをフォローします。
拡大鏡のサイズは、設定に応じて変更することもできます。指を離すと拡大鏡が消えます。

スナップ

新しいバージョンでは、エンドポイント、ミッドポイント、センター、ノード、象限、交差点挿入、垂直、接線、最も近いが使用可能です。
作図領域では、点を指定したりコマンドを実行したりすると、スナップモードで選択した点が自動的にスナップされます。写真のようにスナップするとマーカーが表示されます。

エンドポイントがスナップされ、緑色のボックスがラベル付けされて表示されます。
新しいバージョンでは、オブジェクトスナップトラッキングとポーラートラッキングも利用できます。

助動詞

補助ポイント:
ドラフト、ピンチのストレッチ、またはオブジェクトの移動時に、スナップポイントに補助ポイントが一時的に表示されます。
水平方向と垂直方向の2点間に補助線を自動的に生成し、点の位置を正確に確認します。
補助ライン:
次の線またはフレームはすべて補助線です。
製図中に、新しく作成されたオブジェクトに一時的に寸法線と寸法補助線が生成されます。
オブジェクトを選択すると、選択したすべてのオブジェクトが長方形のフレームで囲まれます。
オブジェクトスナップトラッキングの場合、水平方向と垂直方向の2点間に線が自動的に生成されます。
オブジェクトを編集するプロセス中、一時的な補助線は方向または距離を表示するのに役立ちます。
そして他の条件。
補助パラメータ:
製図または編集時に、長さ、角度、直径などの関連する補助パラメータが表示されます。

キーパッド

カテゴリー

製図用のキーパッドと編集用のキーパッドを含むメインキーパッド。
ラインコマンドを例にとると、「ライン」コマンドをタップし、画面のコマンドプロンプトに従って最初のポイントを指定します。指を離すと、ラインキーパッドが表示されます。
初めて、デフォルトで極座標を表示します。
前面のスイッチアイコンをタップして、極座標と相対座標の間で入力スタイルを変更します。

キーパッドによる入力

極座標:

定義:長さと角度の値によって極座標位置を定義します。

キーパッド:

例えば:
極座標で45度傾斜した正方形を作成します。
操作:
「描画」ボタンをクリックし、「ポリライン」コマンドを選択します。

  1. 画面をタップまたはドラッグして、正方形の最初の端点を指定します。
  2. 極座標を入力します。長さは8.5、角度は45です。次に、キーパッドの「+」をタップして次のポイントを表示します。
  3. 極座標を入力します。長さは8.5、角度は315です。次に、キーパッドの「+」をタップして次のポイントを表示します。
  4. 極座標を入力します。長さは8.5、角度は225です。次に、コマンドプロンプトの後ろにある[閉じる]キーワードをタップして、次のように正方形を閉じます。

相対座標:

定義:X増分とY増分を入力することにより、作図領域に最後に入力された座標の相対位置で点を定義します。

キーパッド:

例えば:
相対座標で一辺の長さが8.5の正方形を作成します。
操作:

  1. 「描画」ボタンをクリックし、「ポリライン」コマンドを選択します。
  2. 画面をタップまたはドラッグして、正方形の最初の端点を指定します。
  3. 2番目のポイントの相対座標8.5と0を入力し、次のポイントのキーパッドで「+」をタップします。
  4. 3番目のポイントの相対座標(0と8.5)を入力し、次のポイントのキーパッドで「+」をタップします。
  5. 4番目の点の相対座標を入力します:-8.5と0、次にコマンドプロンプトの後ろにある「閉じる」キーワードをタップして、以下に示すように正方形を閉じます。

キーワード

キーワードはコマンドプロンプトの後ろに表示されます。
さまざまなステップでさまざまなキーワードが表示されます。
ポリラインコマンドを例にとると、最初のポイントを指定した後、「Arc」および「Cancel」キーワードが表示されます。 3番目のポイントを指定すると、「アーク」、「元に戻す」、「閉じる」、「キャンセル」、「OK」の5つのキーワードが表示されます。

編集中に切り替える

 

パラメータ編集

タップしてパラメータ編集状態に入ります。パラメータ編集状態では、選択したオブジェクトに応じて関連するパラメータを変更できます。選択した線の長さや角度など。選択した円の半径。

ピンチ編集

タップしてピンチ編集状態に入ります。ピンチの1つを伸ばして、選択したオブジェクトの形状を変更できます。

簡単な編集

タップして簡単な編集状態に入ります。この状態では、ピンチの1つを伸ばして選択したオブジェクトを拡大縮小したり、中央の移動アイコンを移動して移動したり、右側の回転アイコンをドラッグして方向を変更したりできます。

センターのロックが解除されました

円弧を編集すると、デフォルトで「CenterUnlocked」と表示されます。円弧の始点と終点は固定されています。円弧の半径と中心角を変更することで、円弧を調整できます。

センターロック

「センターロック解除」アイコンをタップし、「センターロック」状態に切り替えます。アークセンターは固定されています。円弧の半径、開始角度、および終了角度を変更することで、円弧を調整できます。

結果を記録する

このボタンは、測定パネルの右上に表示されます。それをタップして、測定結果をリストに保存します。
設定では、「自動記録」をオンにすると、測定結果も自動的に記録される場合があります。デフォルトのモードはオフです。

これを共有:

2は「DWG FastView auxiliary display」に返信します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − 12 =