Windows DWGFastViewを使用して長方形を描画する3つの方法

長方形の描画は非常に一般的であり、CAD設計において重要です。初心者はこのスキルに習熟している必要があります。

長さ1000、高さ500の長方形を描き始めましょう。

方法1:座標を示す

AとBなどの2つのポイントがあります。ポイントAの座標を(0,0)とC(1000,500)に設定します。

編集モードで、矩形関数を選択し、0,0を入力して入力し、次に1000,500を入力して入力します。

方法2:長さと幅を示す

まだ編集モードで、矩形関数を選択し、任意の点を選択してから、D(寸法で描画することを意味します)を入力してから、1000、500を入力します。長方形が形成されます。

方法3:面積と長さを示す

また、編集モードで、長方形関数を選択し、頂点として任意の点を選択してから、A(面積で描画することを意味します)をクリックし、500,000、長さ1000を入力します。長方形の描画が終了しました。

あなたは学びましたか?ぜひお試しください。

これを共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

四 − 1 =