DWG FastView:選択したオブジェクトのフィーチャを編集します

この投稿と 最後の投稿 DWG補助表示機能の同じ章に含まれています。これは、メニュー、DWGFastViewモバイルアプリケーションのヘルプでも表示できます。単一のオブジェクトを選択すると、選択したオブジェクトは、四隅に4つのピンチがある長方形で囲まれます。左側にパラメータスイッチ、下部にピンチスイッチ、中央に移動アイコン、右側に回転アイコンが表示されます。

簡単な編集

規模:
1つのピンチを押してドラッグし、選択したオブジェクトを拡大縮小します。
ドラッグ中にスケール値を表示します。ドラッグした後、値ボックスをタップして、キーパッドをポップすることでスケールを変更できます。
動く:
移動アイコンを押してドラッグし、選択したオブジェクトを移動します。
元の位置と現在の位置の間の距離が表示されます。移動後、値ボックスをタップして、キーパッドをポップすることで距離を変更できます。
回転:
回転アイコンを押してドラッグし、選択したオブジェクトの方向を変更します。選択したオブジェクトを回転させたときの回転角を表示します。回転後、値ボックスをタップして、キーパッドをポップすることで回転角を変更できます。

パラメータ編集

「パラメータ編集」アイコンをタップして、パラメータ編集状態に入ります。パラメータ編集状態では、選択したオブジェクトに応じて関連するパラメータを変更できます。選択した線の長さや角度など。選択した円の半径。
アークに関するパラメータ編集は特に注意が必要です。
既存のアークを選択すると、デフォルトで「CenterUnlocked」と表示されます。円弧の始点と終点は固定されています。半径と中心角を変更することで、円弧を調整できます。

「センターロック解除」アイコンをタップし、「センターロック」状態に切り替えます。アークセンターは固定されています。円弧の半径、開始角度、および終了角度を変更することで、円弧を調整できます。

ピンチ編集

タップしてピンチ編集状態に入ります。ピンチの1つを伸ばして、選択したオブジェクトの形状を変更できます。

メニューの編集

オブジェクトを選択すると、編集メニューが表示され、次の関連オプションが提供されます:テキストの編集(テキストが選択されている場合)、削除、コピー、移動、回転、ミラーリング、および色。

これを共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13歳以上 12 =