DWGFastView-設定について

設定について

デフォルトのオープニングモードを変更する

編集モードと表示モードを提供します。
表示モードでは、図面をすばやく表示できますが、描画および編集機能は無効になっています。
編集モードでは、2D図面の表示、描画、編集、保存、注釈付けのためのいくつかの高度な機能を提供し、3D図面の全視点ブラウジング、レイヤー表示、レイアウト切り替え、および2D / 3D切り替えをサポートします。

背景色

黒、白、薄黄色があります。

名前を付けて保存

図面は、DWG 2000、2004、2007、2010、2013、および2018として保存できます。これは、AutoCADの最新のDWGバージョンと互換性があります。

フォント不足のヒント

デフォルトのモードはオフです。オンモードでは、DWG FastViewが必要なフォントをロードしていない場合、図面を開くと、ヒントウィンドウがポップアップします。その間、不足しているフォントは自動的に置き換えられます。

フォント

図面に疑問符が表示されている場合は、一部のフォントが欠落していることを意味します。それらを表示するには、フォントと記号をFontsフォルダーにインポートする必要があります。
ステップ1:フォントファイルをモバイルデバイスにダウンロードする
コンピューターからインポートします。方法は図面のインポートと同じです(図面のインポート部分への参照)。

ステップ2:それをFontsフォルダーに追加します
「+」ボタンをタップし、追加するフォントファイルを選択します。

ステップ3:フォントを表示する
図面を再度開くと、フォントが正しく表示される可能性があります。
フォントファイルが正しく表示されるようにするには、Fontsフォルダーにフォントを追加することをお勧めします。

その他の関連操作:
削除:追加された各フォントファイルの右側に「ゴミ箱」アイコンがあります。 「ゴミ箱」アイコンをタップすると削除できます。

キーパッド

製図中にキーパッドを使用します。

シミュレートされたマウス

ポイントを指定するときに、シミュレートされたマウスを表示または非表示にします。

拡大鏡のサイズ

利用可能なオプションは、小、中、大の3つです。
編集の都合に合わせて拡大鏡のサイズを設定できます。

拡大鏡の位置

左、右、フォローの3つのポジションがあります。
操作の好みに応じて拡大鏡の位置を設定できます。

オブジェクトスナップ

オブジェクトスナップのオンとオフを切り替えます。オブジェクトスナップモードで選択されたオブジェクトスナップは、オブジェクトスナップがオフの間は無効になります。オブジェクトスナップトラッキングも同様です。

スナップモード

現在のバージョンでは、エンドポイント、ミッドポイント、センター、ノード、象限、交差、挿入、垂直、接線、最も近いが使用可能です。

オブジェクトスナップトラッキング

オブジェクトスナップトラッキングのオンとオフを切り替えます。

極座標追跡

極座標追跡のオンとオフを切り替えます。

測定結果の自動記録

このオプションをオンにすると、測定結果が自動的に記録されます。 「結果」コマンド(測定-結果)ですべての結果を確認できます。

クイックコマンド

コマンドをすばやく開始するために使用されます。デフォルトモードはオンです。

コマンド名をポップアップします

図面のセカンダリメニューコマンドを押し続けると、コマンド名が表示されます。

画面は常にオン

デフォルトモードはオフです。

デフォルトのサービス構成を復元する

デフォルトのサービス構成を復元することで、ネットワーク接続の問題(クラウドのログイン例外、クラウドのファイルリストの取得の失敗、サーバーエラーなど)を解決できます。設定を復元した後、再度ログインする必要があります。

これを共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13 − 3 =